イヤ~な体臭すっきり改善ガイド
イヤ~な体臭すっきり改善ガイド
体臭を今すぐ改善!臭いトラブル対策ガイド
HOME » 体臭対策に石鹸を使ってみよう » イヤな臭いを予防する足の洗い方

イヤな臭いを予防する足の洗い方

体臭のなかでも多く人が不快に感じるのが「足の臭い」。ここでは、足の臭いの対策方法についてまとめました。

気になる足の臭い、その原因は?

人の足には多くの菌がすんでいます。そのなかで足の臭いの元となる菌は「イソ吉草酸」という成分を生じさせる菌です。

イソ吉草酸が増えることによって、あの不快な臭いが生じますから、これを生じさせる菌をやっつけることが、足の臭い対策につながります。

また、足の裏には汗を出す汗腺が多く存在します。

この汗そのものには臭いはないのですが、菌と混じることでイソ吉草酸が生じやすくなります。

特に、靴やブーツなど密封された空間は菌が活動しやすい高温多湿な環境でもあります。

しっかり洗うことで臭い対策

足の臭いを取るには、足をきれいに洗うのがいちばんです。

しかし、洗い方を間違えるといつまでも臭いが取れませんので、臭いを取るためのポイントを押さえておきましょう。

1.固形石鹸が効果的

足の裏などカラダのなかで臭いが気になる部分は、できるだけ固形石鹸で洗うようにすると効果を発揮します。

多くのボディソープには保湿成分が含まれており、足が蒸れやすい原因をつくってしまうのです。

普段はボディソープでカラダを洗っている方なら、足の裏は固形石鹸を使って洗うようにしましょう。

2.指の間、爪の部分もしっかりケア

意外と見落としがちなのが足の指の間。臭いが気になる方は、ここも入念に洗うようにしましょう。

指の間は通気性が悪い部分で、菌が繁殖しやすい環境でもあります。

指の間に菌が残っているとフローリングやカーペットに菌が移りつき、足の裏にもついてしまうという悪循環になります。

また、爪の部分も汚れや菌が残りやすい部分ですから、ここもあわせて洗うとともに、こまめに爪を切るなどケアしましょう。

3.やさしく洗う

臭いが気になるからといって、ゴシゴシ洗うのは逆効果。

足が傷ついて、その場所から菌を生じさせてしまう恐れがあります。

石鹸をしっかり泡立てて、できるだけやさしく洗うよう心がけましょう。

4.お風呂上りは水分を拭き取る

清潔なタオルで足の裏や指の間まで水分を拭き取ります。

水分が残った状態だと菌が繁殖しやすくなりますし、ふき残したままスリッパを履いたり布団に入ると、菌や臭いが移ってしまいます。

雑菌は眠っているあいだも繁殖しますので、お風呂で洗い流したら通気性の良い環境をつくってあげることも心がけましょう。