イヤ~な体臭すっきり改善ガイド
イヤ~な体臭すっきり改善ガイド
体臭を今すぐ改善!臭いトラブル対策ガイド

汗臭さ

汗臭さから開放されたい!という方のために、汗臭さの原因と、おすすめの対策法を伝授。ニオイが改善した方の対策法も併せて紹介しています。

汗臭さの原因

汗をかいた後に気になる汗臭さ。汗から発するニオイだと思いがちですが、実は汗そのものにはニオイがありません。では、汗をかいた後はなぜニオイが気になるのでしょうか。

汗をかいた後の特有なニオイは、皮膚にあるアポクリン汗腺という、汗腺が影響しています。脇や、デリケートゾーンから発せられる独特の臭いは、このアポクリン汗腺から分泌される汗に、脂肪やアンモニアなどの悪臭成分が含まれていることが原因です。

そして、このアポクリン汗腺から分泌された汗が雑菌のエサとなり、繁殖することでニオイが発生するのです。汗をかいた後は雑菌の繁殖に適した環境が整うため、菌が爆発的に増殖し、汗をかいた6時間後がニオイのピークと言われています。

また、女性の場合、ニオイが気になるピーク時期があるといわれています。高校生と26歳前後の女性がこのピーク時期にあたり、人と接する機会が多くなる年齢でもあるため、人に言えないまま悩んでしまう人も多いようです。

まずやっておきたい汗の臭い対策はコレ!

汗には、良い汗と悪い汗があります。良い汗は、早く乾きサラサラした水のような汗で、体温が上昇した時に素早く、必要なだけ出て体温調節してくれますが、ネバネバとした悪い汗は、たくさん出ても体温調節の役割りを果たさず、さらには雑菌の増殖を助けてしまいます。

 身体をデトックス

良い汗をかくためには、お風呂で汗腺の働きを活発にしたり、スポーツで汗を流したり、汗をかく習慣づくりも大切です。汗腺の機能を高めるために、冷房に頼りすぎず、夏場でも湯船に浸かるように心掛けましょう。

毎日湯船に浸かったり運動したりする時間がない!という方は、体内のデトックス効果を助ける抗酸化タイプのサプリメントを飲むのもオススメですよ。

 デオドラント製品を使う

外出前には制汗剤を使い、汗をかいた場合は濡れタオルやデオドラントシートでこまめに拭くようにしましょう。衣類に汗を染みこませないこともポイントです。

大人のマナーとして制汗に気を使いたいという人も多いはず。職場でデオドラント製品を使うのはちょっと・・・という場合、体内から改善を促すサプリメントなら気にせず続けられるということもあります。

 体内から改善してみる

毎日湯船に浸かったり、運動したりする時間がない!という人は、体内のデトックス効果を助ける抗酸化タイプのサプリメントを飲んでみるのもひとつの手。

出かける前や食前後など、忙しい人でも手軽に始められるというメリットがあります。いきなり生活習慣を変えるのが難しい場合、サプリメントやタブレットなど、手軽にとれるものから体臭改善をスタートするのもいいかもしれません。

汗臭さ改善アイテム満足度ランキングをチェック

汗の臭いが改善した方の口コミ

  • (サプリメントを飲む)
    多汗症で、夏場は特にニオイに悩まされていました。でも、制汗作用のあるサプリメントを勧められて試したところ、汗の量が減り、ニオイも和らぐようになりました。今では満員電車も恐くありません。
  • (デオドラント製品を使う)
    父親譲りの汗っかきに悩んでいましたが、汗を抑えるデオドラントスプレーを使うようにしたら汗の量が減りました。ほかにも、肉や脂もの中心だった食生活から野菜中心に変えたり、タバコをやめたり。これで、ずいぶん体臭が改善されました。
  • (サプリメントを飲む)
    汗をかいた後は、自分でも分かるくらいの悪臭を放っていました。会議などで密室に入ると自分のニオイばかりが気になって集中できずにいましたが、サプリメントを飲むようにしたところ、人が至近距離に近づいてきても恐くなくなりました。
  • (入浴方法を変えてデトックス)
    良い汗をかくように心掛けると体臭防止になると聞いたので、お風呂に浸かるようにしました。夏場は、入浴後、すぐに冷房をつけていましたが、それもやめるようにしたら汗の質が変わったような気がします。
  • (サプリメントを飲む)
    40代に入ってから、加齢臭と脇汗のニオイが混ざった笑えないレベルの体臭に悩まされていました。でも、制汗作用と雑菌作用のあるサプリメントを飲み始めたら、汗が止まってびっくり。周りに迷惑をかける心配がなくなり、毎日快適に過ごしています。